自殺(自死)する前に、この映画を観てください

,

自死を考える人にも、いろいろな理由があります。
それは、当事者以外には大したことがないように感じられるかもしれません。

私自身も、小学生のときに自死をしたくて毎晩どうやって死のうかと考えました。
最終的には、実行には至らなかったのですが、
わたしにとって、人生の中で一番苦しい時期だったように思います。

誰にもわかってもらえないという思いが、さらに苦しみを増長させます。
そんなとき、思いを打ち明けられる人がいたら、辛い気持ちは救われたかもしれない
そんなふうに、思い出されます。

偉そうなことを言える立場にはありませんが、
今のわたしは、「死後の世界」を知っています。
「ブルース・モーエンメソッド」で、コンタクトや訪問ができるようになりました。
 https://shigotansaku.com/menu/c1999

その視点から言わせてもらえば、死んでも楽にはなれないのです。
罰が当たるとか、罪を問われるということはないのですが、
死後もそのまま意識は存続します。
つまり、「終わり」にもできないということです。
多くの自死者は、自死を選択したことを後悔します。

そして、自分で蒔いた種は自分で刈り取ることになりますから、
その際に誰かを傷つけてしまったり、苦しめてしまったら、
そのことへの後始末がちゃんと回ってきます。
その人に償いをするというような安直なことではなく、
エネルギー的に自分の発したエネルギーが戻って来ることになります。
誰も苦しめることなく自死するのは、難しいことですよね。

そう言う意味で、自死はお勧めできません。
とは言え、現実はあなたにとって厳しいものかもしれません。
もちろんわたしに吐露して下っても良いのですが、
その前に、ぜひ見ていただきたい映画があります。

自死、この場合は安楽死を希望する者だけが登場する映画です。
もしかしたら、ちょっとだけ心が救われるかもしれません。
同じような思いを抱えている人の心を知るのも良いのではないでしょうか?

映画『十二人の死にたい子どもたち』
http://wwws.warnerbros.co.jp/shinitai12/




そして、わたしで良ければ、お話をお聞きします。

 カウンセリング&セラピー
 対面でのカウンセリングとセラピーを行っています。

 電話カウンセリング   (1時間 3,000円~)
 こちらは、匿名でも受け付けています。お気軽にどうぞ!







今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  


自殺(自死)する前に、この映画を観てください

,

自死を考える人にも、いろいろな理由があります。
それは、当事者以外には大したことがないように感じられるかもしれません。

私自身も、小学生のときに自死をしたくて毎晩どうやって死のうかと考えました。
最終的には、実行には至らなかったのですが、
わたしにとって、人生の中で一番苦しい時期だったように思います。

誰にもわかってもらえないという思いが、さらに苦しみを増長させます。
そんなとき、思いを打ち明けられる人がいたら、辛い気持ちは救われたかもしれない
そんなふうに、思い出されます。

偉そうなことを言える立場にはありませんが、
今のわたしは、「死後の世界」を知っています。
「ブルース・モーエンメソッド」で、コンタクトや訪問ができるようになりました。
 https://shigotansaku.com/menu/c1999

その視点から言わせてもらえば、死んでも楽にはなれないのです。
罰が当たるとか、罪を問われるということはないのですが、
死後もそのまま意識は存続します。
つまり、「終わり」にもできないということです。
多くの自死者は、自死を選択したことを後悔します。

そして、自分で蒔いた種は自分で刈り取ることになりますから、
その際に誰かを傷つけてしまったり、苦しめてしまったら、
そのことへの後始末がちゃんと回ってきます。
その人に償いをするというような安直なことではなく、
エネルギー的に自分の発したエネルギーが戻って来ることになります。
誰も苦しめることなく自死するのは、難しいことですよね。

そう言う意味で、自死はお勧めできません。
とは言え、現実はあなたにとって厳しいものかもしれません。
もちろんわたしに吐露して下っても良いのですが、
その前に、ぜひ見ていただきたい映画があります。

自死、この場合は安楽死を希望する者だけが登場する映画です。
もしかしたら、ちょっとだけ心が救われるかもしれません。
同じような思いを抱えている人の心を知るのも良いのではないでしょうか?

映画『十二人の死にたい子どもたち』
http://wwws.warnerbros.co.jp/shinitai12/




そして、わたしで良ければ、お話をお聞きします。

 カウンセリング&セラピー
 対面でのカウンセリングとセラピーを行っています。

 電話カウンセリング   (1時間 3,000円~)
 こちらは、匿名でも受け付けています。お気軽にどうぞ!







今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  


思考の隙間から、ガイドたちと繋がることができる

,

アメリカの心理学の研究によると、
人間は1日に、およそ6万個の物事を考えると言われています。
睡眠を除くとほぼ毎秒、何かを考えているのです。
そしてほとんどの人間がその6万回のうち、
95%昨日と同じことを考えていて、
80%はネガティブなことを考えているとのこと。

これは人間が「記憶力」の優れた生き物であることが原因だそうです。
だから、ポジティブな生き方に必要なのは、「忘却力」であると言われています。

と、ここまでは以前のブログでも書きました。
思考の95%が昨日と同じで、80%がネガティブだそうです!


さてここからが、今日の本題です。

このように、
人間がネガティブな思考によって望まない未来を引き寄せてしまっていること、
変わり映えしない毎日を当たり前に繰り返してしまっていること、
それらをわたしは自分のハイヤーセルフガイドに教えてもらいました。

それは、確かブルース・モーエンメソッドを始めて割と間もない頃でした。
まず、彼らはわたしにこんなことを言ってきました。

「人間は、思考で忙しくせっかく非物質世界との繋がりを持ってもそれを維持できずにいます。
あなたもそうです。私たちとの繋がりをできるだけ保てるように、思考をストップしてください」


その頃のわたしは、バリバリに思考優先の左脳人間で、
考えない人間は馬鹿だと思っていました。
何日も同じことについて熟考するのが大好きでしたから、
「なにを言うのよ。人間は考える葦なんだから!」と本気で食ってかかりました。
さらに、
「それに何も考えなかったら、今日の夕食だってなにを作るか決められないじゃない」
と反発しました。

ちょっと呆れるような波長の後、それでも辛抱強い?わたしのガイドたちは、
次のように説明してくれました。

「私たちは、そのような思考について言っているわけではありません。
日常を営むために、多少考えることは必要でしょう。
でも、人間は毎日同じことを考え、答えに行き着くこともなく、
どうすればいいかとあれこれ思い悩むループのような思考を繰り返しています。
まずはそこから離れてください。
思考に隙間がないと、私たちと繋がることができないのです」

言っていることは、理解しました。
でも、その頃のわたしにとって、この「思考をストップするように」というお達しは、
それまでとは真逆のベクトルで、地獄のようでしたし、できそうにもありませんでした。

そんなわたしに、ガイドたちは、
人間の思考のかなりの割合(80%と言われています)がネガティブな思考で、
それらがもたらす負の影響について詳しく説明してくれました。
思考優先人間には、行動の前に理論的に納得することが必須条件でしたから。

そして、わたしが思考の渦に溺れるように同じことをぐるぐると考えていると、
「ほらまた考えている!」と声が入るようになりました。1日に何度も!
まあ、それだけ何度も思考のループにはまっていたということですが

でも、あまりにウザかったので、少し改善されたところで、
「今のところはこれくらいで勘弁してください」とお願いすると、その声はピタッとやみました。
ふ~。


それから数年後、ある年のお正月のこと。
ガイドたちが、こんなことを言ってきました。

「考えないことにもだいぶ慣れて来ましたよね。
これからは、何も考えないでいて欲しいのです」


その中身をテレパシー的に感じ取ると、
人間は今までの経験値から、一番良い方法を見つけて進もうとするが、
人間の知恵や知識は、ガイドたちの後ろにある叡智と比べたらないも同然。
だから、あなたのこれからの人生について、
どうしたらいいかと思い悩むことは一切やめて、自分たちに全面的に任せて欲しい、
とそんなことだった。

スピリチュアルなできごとが生き方が始まったきっかけは、何気なく言ってしまった、
「これからの人生をお任せします」というアファメーションからだったし、
それも良いかもと思い、できるだけそうすると返事をしました。

それから、予想外の出来事が次々と起こり出し、
こうなるだろうという予測をしていたら、それを乱されることになって、
かなりいらいらしただろうと思いました。

そんなふうに、向こうの世界、あるいは運命に
人生を委ねる生き方を「サレンダー」と言います。
「サレンダー」については、次回詳しく書きたいと思います。







今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  



思考の隙間から、ガイドたちと繋がることができる

,

アメリカの心理学の研究によると、
人間は1日に、およそ6万個の物事を考えると言われています。
睡眠を除くとほぼ毎秒、何かを考えているのです。
そしてほとんどの人間がその6万回のうち、
95%昨日と同じことを考えていて、
80%はネガティブなことを考えているとのこと。

これは人間が「記憶力」の優れた生き物であることが原因だそうです。
だから、ポジティブな生き方に必要なのは、「忘却力」であると言われています。

と、ここまでは以前のブログでも書きました。
思考の95%が昨日と同じで、80%がネガティブだそうです!


さてここからが、今日の本題です。

このように、
人間がネガティブな思考によって望まない未来を引き寄せてしまっていること、
変わり映えしない毎日を当たり前に繰り返してしまっていること、
それらをわたしは自分のハイヤーセルフガイドに教えてもらいました。

それは、確かブルース・モーエンメソッドを始めて割と間もない頃でした。
まず、彼らはわたしにこんなことを言ってきました。

「人間は、思考で忙しくせっかく非物質世界との繋がりを持ってもそれを維持できずにいます。
あなたもそうです。私たちとの繋がりをできるだけ保てるように、思考をストップしてください」


その頃のわたしは、バリバリに思考優先の左脳人間で、
考えない人間は馬鹿だと思っていました。
何日も同じことについて熟考するのが大好きでしたから、
「なにを言うのよ。人間は考える葦なんだから!」と本気で食ってかかりました。
さらに、
「それに何も考えなかったら、今日の夕食だってなにを作るか決められないじゃない」
と反発しました。

ちょっと呆れるような波長の後、それでも辛抱強い?わたしのガイドたちは、
次のように説明してくれました。

「私たちは、そのような思考について言っているわけではありません。
日常を営むために、多少考えることは必要でしょう。
でも、人間は毎日同じことを考え、答えに行き着くこともなく、
どうすればいいかとあれこれ思い悩むループのような思考を繰り返しています。
まずはそこから離れてください。
思考に隙間がないと、私たちと繋がることができないのです」

言っていることは、理解しました。
でも、その頃のわたしにとって、この「思考をストップするように」というお達しは、
それまでとは真逆のベクトルで、地獄のようでしたし、できそうにもありませんでした。

そんなわたしに、ガイドたちは、
人間の思考のかなりの割合(80%と言われています)がネガティブな思考で、
それらがもたらす負の影響について詳しく説明してくれました。
思考優先人間には、行動の前に理論的に納得することが必須条件でしたから。

そして、わたしが思考の渦に溺れるように同じことをぐるぐると考えていると、
「ほらまた考えている!」と声が入るようになりました。1日に何度も!
まあ、それだけ何度も思考のループにはまっていたということですが

でも、あまりにウザかったので、少し改善されたところで、
「今のところはこれくらいで勘弁してください」とお願いすると、その声はピタッとやみました。
ふ~。


それから数年後、ある年のお正月のこと。
ガイドたちが、こんなことを言ってきました。

「考えないことにもだいぶ慣れて来ましたよね。
これからは、何も考えないでいて欲しいのです」


その中身をテレパシー的に感じ取ると、
人間は今までの経験値から、一番良い方法を見つけて進もうとするが、
人間の知恵や知識は、ガイドたちの後ろにある叡智と比べたらないも同然。
だから、あなたのこれからの人生について、
どうしたらいいかと思い悩むことは一切やめて、自分たちに全面的に任せて欲しい、
とそんなことだった。

スピリチュアルなできごとが生き方が始まったきっかけは、何気なく言ってしまった、
「これからの人生をお任せします」というアファメーションからだったし、
それも良いかもと思い、できるだけそうすると返事をしました。

それから、予想外の出来事が次々と起こり出し、
こうなるだろうという予測をしていたら、それを乱されることになって、
かなりいらいらしただろうと思いました。

そんなふうに、向こうの世界、あるいは運命に
人生を委ねる生き方を「サレンダー」と言います。
「サレンダー」については、次回詳しく書きたいと思います。







今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  



このブログを始めて 12年、さらにトレーナーになって4月で10周年です!

,
新しい年になったので、調べてみました。

このブログを始めたのは、2007年9月14日(金)
http://happyspiritualworld.blog119.fc2.com/blog-entry-1.html

なんと すでに12年と4か月になりました

そして、
ブルース・モーエンメソッドのトレーナーになったのが、2009年3月末ですから、
トレーナーとしては、もうすぐ10周年です


10年間、トレーナーとしての活動を続けられてきたことに、驚きと感謝です。
今までわたしの元を訪れてくださったたくさんの参加者さんと、
そして、個人カウンセリングをうけてくださったクライアントさんに、心より感謝します。

さらに、このブログを支えてくださった皆さま、
アメブロをお読みくださっている皆さま、
スピリチュアルTVをごらんくださっている皆さま、等々・・・
本当にありがとうございます


その間、本当にいろいろありました。
たいへんなこともありましたが、概して楽しいことが多かったです
もちろん、受け止め方の問題もありますね。

本も出させてもらいました。

「リトリーバル 過去世の救出」

そして、ブレイクはしなかったのですが、徐々に参加者さんも増え、今に至っています。

その間、プライベートでもたくさんの転機あり、
当時、想像さえできなかった状態に、今わたしはいます。
それは、わたしにとって生きる幸せを感じさせてもらえる日々を過ごせているということでもあります。


さてさて、
その中には、たぶん「奇跡」と判断できるような出来事も満載です。
そして、シンクロニシティは今や日常茶飯事とも言えます。

それらを可能にしてくれたのが、わたしと非物質世界との橋渡しをしてくれた、
ブルース・モーエンメソッドです。
その生みの親のブルース・モーエン氏は、
2017年11月14日肉体を離れ、非物質世界の住人となりました。

今も、彼とは向こうの世界でコミュニケーションしています。
そして、以前よりずっと若返った姿で、精力的に活動しているようです。
先日は、何かの研究に取り組んでいると楽し気に言っていました。


さて、話を戻しましょう。
このブルース・モーエンメソッドを通じて、
わたしは意識の世界(非物質世界)のたくさんの住人たちとコミュニケーションしてきました。

その中でも、一番お世話になっているのが、ガイドたち導く存在です。
筆頭は、自分のハイヤーセルフガイド
さらに、サポートしてくれる龍神たち
その他にも、元夫を始め家族のハイヤーセルフガイドたち。
さらに、参加者さんやクライアントさんのガイドたち。
一般的に言う、天使や歴史上の神的存在、自然霊たち。
土地を守護する土地神
そして、宇宙人やUFO的乗り物や基地で活動する存在。
また、亡くなった故人の方たちも。

挙げればきりがないのでこれくらいにしておきますが、
多岐に及ぶ存在から、実に多くのことを教えてもらいました。
また、多くの体験へと導いてもらいました。


その結果、わたしが既知になった事柄は、
一般の方たちにお話すれば、「頭がおかしい」と言われるようなことです。

・人は、死んでも意識の世界で生き続ける
・だから、故人と簡単にコミュニケーションを取ることが可能
・物質を持つこの3次元の世界は、リアルな世界ではなく、実は流動的な世界である
・パラレル次元、あるいはパラレルワールドと言われる仕組みがあり、常にそこを移動し続けている
・本当にあるのは意識の世界のほうで、この物質世界は創造の顕在として存在している
・それらは、意識の世界での想像を変えることで、変化させることができる
・人類は、現在「輪廻転生システム」を保持しているが、近い将来それが終わりを告げる
・宇宙人もUFOも、当たり前に存在している
・もちろん地球にも大昔から何度も来ていて、人類の生みの親かもしれない
・神はいない
・非物質世界に、罰も罪も存在しない
・すべてのものに意識が存在し、コミュニケーションすることができる
・宇宙の最上級のエネルギーは、「純粋な無条件の愛」

などなど、書いていたらきりがないので、これくらいにしておきます。


そして、ふつうこれくらいぶっ飛んだ理解を持つと、この世で生きるのが難しくなるのですが、
わたしの特性は、そこら辺のバランス感覚がとても良好な点です。
確かに、非物質世界の視点からこちらを見ると、虚しさを感じてしまうこともあるのですが、
「この人も、事実を知ったら変わるかな~」そんなふうに思うと楽しくなります。
基本的に人と関わるのが好きなのでしょう。

それに、トレーナーとしても活動も仕事と言うより趣味に近い感覚で、
楽しいと感じることがほとんどで、辛いと思うことはほんとにたま~にです。
だから、今は無理せず楽しい日常を満喫してるわけです。

そして、さらに人様のお役に立てることも多く、
また参加者さんが変容していく様子を拝見させてもらえるのが、
この上ない楽しみでもあります。
ときには、そこに感謝ももらえたりします。

だから、わたしは12年前から、ず~とず~と幸せなのです

でもこれは、わたしだけではなく、誰にでもできることです。
それを最初から知っています。
だから、皆さんに同じように幸せを知って欲しいと思うのです。


少しだけお話ししましょう。
この幸せは、掴んだり探したりするものではありません。
ただ、あることを知り体験し、委ねることで、手に入ります。
ほんとうは、とても簡単なのだと思います。
わたしにできるくらいのことですから。

それは、非物質世界な導く存在との繋がりを持つこと。
そして、それを信頼すること。
そこからの愛を感じること。
上手くコミュニケーションが取れていなくても、それは可能です。

わたしの場合も、最初にそれを感じたのは、
まだコミュニケーションが取れる前でした。

ぜひ、皆さんもそのために、それを深めるために、
ブルース・モーエンメソッドを学びに来てくださね。

ブルース・モーエンメソッド
https://shigotansaku.com/menu/c1999

次回から、ブルース・モーエンメソッドについて、わかりやすく解説してみようと思います。






今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  

箱根の龍神に導かれた、2019年を予言する不思議な体験!

,

2019年、新しい年をどのようにお過ごしですか?

20181204hakone3.jpg

昨年の12月に箱根に旅行に行きました。
今日はその際、箱根の龍神に教えてもらった2019年についてです。

トリニティの記事をご紹介します。
箱根の龍神に導かれた、2019年を予言する不思議な体験!〜教えていただいた今年についてのお話

不思議な体験を読み解くと、そこに驚きの予言があったのです。
2019年は、濃霧が晴れるがごとく、あり得ないほどの発見や変化があるかもしれません!

詳しくは、トリニティに飛んで、お読みください。

この話、アメブロにも書いています。
良かったら、こちらもお読みください。

龍神と濃霧と箱根神社

龍神と濃霧と箱根神社 スピリチュアルな意味


皆さまにとって、意味深い一年になりますよう、願っています






今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  

愛のカタチ

,
ブログをお読みくださっている皆さま、本当にありがとうございます
このブログには、なかなか記事が書けず、ごめんなさい。

2018年の最後に記事をと思い、書きかけの記事を見ていたら、
この記事が気になりました。

記事を読んで、そこに書かれている言葉が深く心に入りました。
マイケル・J・ローズ著書「真理をいきるⅡ」を読んで書いたとありました。

その言葉は。

            

「真実の愛」

一度愛した人は 未来永劫愛し続ける
たとえ その人との間に別れが来て
二度と言葉を交わすことがないとしても
未来のときの中にその人を愛さなくなる自分はいない

それは ずっとその人と共に居ることでもなく
その人のことを毎日想い続けることでもない

あなたの気持ちがすっかり醒めて
その人のことを全く忘れてしまったり
その人の人生に何の興味も持てなくなってしまうなら
それは最初から愛ではなく
恋という熱病か、愛と錯覚していたに過ぎない


            

家にある「真理をいきるⅡ」を持ちだして、
この言葉の書かれているところを探しました。

でも・・・

ないのです。
ということは、これは本の引用ではなく、
数年前、この記事を書いたときに、わたしが書いた言葉ということ。


確かに、わたしは過去愛したすべての人を、今も愛しています。
それは、いつも気にしているとか、忘れたことがないとか、
そういうことではなく、その人を思う気持ちが変わらないということです。
でも、それは最上級の愛ではありません。


最上級の愛を語るのは、簡単です。
故ブルース・モーエンが言う「純粋な無条件の愛」です。

わたしも、非物質世界のガイドや導く存在たちから、
無条件の愛をもらったことがあります。
それは、圧倒的な至福感に包まれる感覚で、
このまま、死を迎えて彼らの世界に行きたいと思うほどでした。

でも、ガイドたちは、わたしにそれを忘れずに、使命を全うするよう言いました。
わたしの使命は、何か?
それは、ガイドたちに任せているのが、今のわたしです。


そして、この「純粋な無条件の愛」は、人間にはできない愛のカタチです。
なぜなら、人間には肉体を保持するという条件が常に付き纏うからです。
一瞬、それを持つことはできるでしょう。
でも、持ち続けながら生きることはできないのです。

だからこそ
この地球での愛の学びには大きな可能性があるのかもしれません。

そして、愛を誰かと比べる必要もないのだと思います。
どんな愛でも、それが今のあなたの正直な思いなら、それで良いのです。

誰にでも、始まりがあって、この地球の中で、
一歩ずつ愛を学ぶことをあなたは選択して来たのですから、
それを大切にしてください。

愛について、
そして、いろいろな愛のカタチについて、
この冬、考えてみてくださいね




今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  

ガイドからのメッセージ「人生の選択に間違いはない」

,

いつも、ガイドたちからいろいろなことを教えてもらっています。
先日、トリニティウェブに公開されたこの記事もそんなひとつです。

自分の人生に自信が持てなくなったとき、この言葉を思い出してください! 「人生の選択に間違いはない」

584428c58b93b1288f6c569f4477de3d_s.jpg
https://www.el-aura.com/lucky-you20181203/

生きていると、
「この私の選択は間違っていたのではないだろうか?」
そんなふうに不安に思ったり、後悔してしまうことがありますよね。

昔のわたしは、しょっちゅうそんな感じでした。
あるいは、考えてしまって結局何もできないなんてこともよくありました。

でも、その後向こうの世界のガイドたちと交流するようになって、
そうではないことを知りました。

どんな選択をしても、それはそれで良かったのです!

ガイドのメッセージも書かれていますので、良かったら読んでみてくださいね。

https://www.el-aura.com/lucky-you20181203/






今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  

ネガティブから脱する時の落とし穴

,
※間が空いてしまってごめんなさいm(__)m

「ポジティブになりたい!」そう思うながら、
ネガティブなことを考えないようにするのに一生懸命になっている人。
ネガティブな流れを感じたとき、どうにかそれを排除しようと懸命になる人。

そんな人、けっこういるかもしれませんね。

でもそれは、とても残念な結果を導き出します。
なぜなら、なんでもそうですが、
排除しようとすればするほど、そこに意識はフォーカスを合わせ、
そのエネルギーを引き寄せてしまうから。

~しないようにするのは、人間にとって最も苦手なことなのです。

それなら、どうすればいいのか?

その逆を行ってください。
ネガティブの逆は、ポジティブですよね。
ネガティブなことがあっても、それはそれとして追求せずに、
別のポジティブなことを考えてください。

それだって、ネガティブ思考が常の人にはとても難しいことです。
だから、お気に入りのポジティブな気分になれることを
用意して置くことをお勧めします。

例えば、手軽に音楽や映画、趣味、スポーツなど。
これをやると、とりあえず元気になれる何か。

わたしは、ビールを飲むことかな?
大体いつもご機嫌になれます。
もうひとつ、最近気づいたことがドラマを見ることです(笑)
ストレス解消になっています。
※これは、わたしにだけ有効なことだと思いますので、真似しても効果ないと思います。

そして、次のような手順で行ってみてください。

1.自分がネガティブなことをかんがえていることに気づく
2.そのネガティブな思考から離れようと思う
3.今していることを止めて、もっとポジティブなことを始める
4.あるいは、ポジティブになるためのお気に入りのことを行う
5.ポジティブなことを思う存分妄想する



もし、ネガティブな出来事について考えたい、あるいは考える必要があるときは、
少なくとも、4まで行ってポジティブ思考になってからにしましょう。

ネガティブな波動のまま、そのことを考えると、
当たり前ですが、ほぼネガティブな結論に行き着きます。
実は、これが多く人がやっていることなのです

この1~5を繰り返すことで、徐々にポジティブな思考が得意になってきます。
そして、ポジティブ50%以上の思考になれます。

この4や5の状態のときに、素晴らしいアイディアや閃きが入って来ます。
そして、それを実行すれば、益々ポジティブな現実を引き寄せるようになるのです。

ちなみに、年のために言っておきますが、よく耳にする
「良いことと悪いことは半々で、良いことが続きすぎると悪いことが起きる」
という説は、間違った迷信です。
世の中を見渡せば、そうではない人生がたくさんありますよね。

人は、信じた人生を引き寄せます。
だから、わたしはそんな言葉は1%も信じていません。


そして、もうひとつ言って置きましょう。
わたしが今、ポジティブそれも「超ポジティブ」なのは、
昔わたしが、とってもとってもネガティブだったからです。

わたしは、自分のネガティブを手放すことを諦めました。
だって、いくらやっても成果が出ないから。

そして、行き着いたのが、ネガティブはそのままにして置いて、
とにかく、今、ポジティブでいることでした。
それを地道に繰り返してきた結果、
ネガティブを大きく上回るほどのポジティブを獲得し、
ネガティブを内包するポジティブである「超ポジティブ」へと進化したのです。

ネガティブなことは、とてもよく知っているので、わたしにとっては未知でもないですし、
それを自分の中に持っていて愛しいと思っているので、恐怖でもないのです。


これらのことは、以前もっと詳しく書いています。
Category [ポジティブ&プラス思考 ]
こちらも、ぜひ参考にしてみてください。







今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ  



思考の95%が昨日と同じで、80%がネガティブだそうです!

,

わたしのところに、ご相談においでになるクライアントさんの中に、
ポジティブになれないと、お悩みの方も多くいます。

ポジティブがいいことはわかっている。
ポジティブになりたいけれど、どうしてもネガティブなことばかり考えてしまう。


そんな方に、よくお伝えするお話があります。

アメリカの心理学の研究によると、人間は1日におよそ6万個の物事を考えているそうです。
それは、睡眠を除けばほぼ毎秒というペースです。
そして、ほとんどの人間がそのうちの95%、昨日と同じことを考えている。
さらに、6万個のうち80%はネガティブなこと。
さらにさらに、この6万個のうちの3分の一である2万個が決断に当たるのだそうです。

つまり、人間は毎日毎日80%に当たる2万個のネガティブな決断を下していて、
その決断の95%が昨日と同じであると言えます。

これは、人間が記憶力の優れた生き物であることが原因だそうですが、
エネルギーの引き寄せから考察すれば、
ネガティブな出来事ばかりが起こるのも当然と言えます。


わたしは、この事実を知ったときから、ある努力を始めました。
いくつかの方法を使って、ポジティブな思考の割合を増やしたのです。
そして、2年ほどかかって、ポジティブな割合が50%を超えたとき、
明らかな変化を感じました。

自分の周りにネガティブな出来事が起こらなくなったのです。
もちろん、100%起こらないわけではありません。
でも、さらにスピリチュアルな法則「すべての出来事に良い悪いはない」ということを
高次元の存在に腑に落ちる形で理解させてもらって、
出来事をポジティブに受け止めることの重要性を確信しました。
普通ならネガティブな出来事捉えるようなことも、ポジティブと捉えることで、
さらにわたしのポジティブ度はアップしたのです。

それらについては、こちらのふたつの記事より。
すべての出来事には、良い悪いがない
出来事に、自分で色をつける!

そして、数年前暮れの掃除で、ガラス磨きをしながら、
その年1年の出来事を振り返ってみたのですが、
2時間の間、「良くない出来事」をひとつも思いつくことができなかったのです。

ひとつだけあった春に起きたきつかった出来事も、
「ありがとうの魔法」を使って、暮れにはもう
「この出来事があって良かった」と思えるようになっていました。

そして、その2年後にさらにそれに続く出来事が起こり、
本当に、心からその出来事に感謝できる展開へと発展しました。

つまりは、すべての出来事はポジティブに捉える、
ポジティブなレッテルを貼ることができるのだと確信しました。


さて、ここでひとつだけ注意してもらいたいこと。
こちらの世界には、意識の世界との時差があるのです。
今、ポジティブ思考50%以上のあなたになったとしても、
今すぐ、ネガティブな出来事が起こらなくなるわけではありません。

例えば、1年と思ってみてください。
去年の今頃、ポジティブ50%を達成していれば、
今後のあなたの1年はかなりポジティブな出来事が多いはずです。
そして、それはとりあえず50%以上ではありますが、
まだ、ネガティブな思考は残っていますから、
ネガティブゼロにはならないはずです。

でも、わたしの経験上、普通のレベルがネガティブ80%ならば、
ネガティブ50%を切った時点で、ポジティブ度は格段にアップします。
やはり、どちらが多いかは重要な気がします。

ポジティブ50%以上を達成すれば、人間の感覚としては
ポジティブな出来事ばかりが起きているように感じると思います。


もし、お時間を取れる日があるなら、
15分おきにタイマーをかけて、自分の思考のチェックをしてみてください。
「今、ポジティブなことを考えていた?それともネガティブ?」と。

一度、やってみるのも、自分を知る意味で良いかと思います。







今日も、ご訪問ありがとうございます
↓ ランキング参加中
rainbow  応援クリック ふたっつ お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ